プロフィール

長瀬 建哉(ながせ たつや)
長野県出身 41歳

幼少期から高校までサッカーに明け暮れ、仲間と笑顔で健康にスポーツライフを楽しむことの大切さを学ぶ。

高校卒業後は、日本体育大学に進学。
体にまつわる最先端の情報、業界の中心に位置する数多く教授のもと、日々学びと研究の日々を送る。

卒業後は、いくつかの企業を経て、某大手スポーツクラブに入社。
トレーナーとしての経験を積み、チーフトレーナー・支配人として育成・統括に勤しむ。
その一方、千差万別のお客様の想いに耳を傾ける中で『お客様の想いにより親身に応えたい』と、パーソナルトレーナーとして独立。

独立後は、アメリカピッツバーグに本拠地を構えるPHIピラティスの考えに感銘を受け指導資格を所得。世界基準のピラティスの真髄を学び、さまざま経験を積む中で、2,000名以上のインストラクターが所属するPHIピラティス現東京支部にあたるスタジオの創業メンバーとして統括マネージャー業に抜擢。

その後、業務委託契約を結ぶこととなるスポーツクラブでは、過去に別のスタジオ・トレーナーで太ももの張り、膝・股関節痛が改善しなかったという脚でお悩みの方の口コミが多く、さらには、分かりやすいトレーニング内容、根拠の解説、世間の常識とは違った世界基準の食事アドバイスも話題になり、並み居るフリーランスパーソナルトレーナーがひしめく中、週2休みで160指導という異例のセッション数を月間で実施し、大手スポーツクラブで全国1位の売上を達成。

ピラティスや骨格メイクエクササイズを駆使し、美しい身体をづくりと痛み等の身体の機能改善を融合させた独自のエクササイズは、美に精通したクライアントのみならず、アスリートのパフォーマンスアップにも大いなる定評がある。
(2018ミスワールド日本代表、2020年ミセスグローブ日本代表、2021ミセスグローバルアース日本大会ファイナリスト、モデル、俳優、プロゴルファー、Jリーガー、プロフットサル選手、プロバレーボール選手等)

ここ数年の主な活動は以下の通り。

【2018年5月】
渋谷クロスFM出演
トークテーマ「美脚づくりのプロとして」

【2020年4月】 横浜リゾート&スポーツ専門学校非常勤ピラティス講師。 常勤依頼も同時に受けるが、松本市でのスタジオオープン予定とコロナ禍により断念。

【2020年3月】
体の機能改善をテーマにおいたムック誌が書店、コンビニ、Amazon等で全国発売。
エクササイズに関わる全47ページを監修。

【2020年10月】
松本山雅FCイベントにてボディメイク講師担当。
軽やかに動く体、美しい体をテーマにレッスン担当。

【2021年7月】2021 Mrs.global earth信州大会にてボディメイク講師担当。
日本大会ファイナリストへ向けての個人指導も実施。

その他に、スタジオでの指導の傍ら、松本山雅スポーツクラブ主催「女性限定 松本山雅FC×Fitness!!」のレッスン講師を担当しております。

PAGE TOP